Scroll

金山彦大神を主祭神に
旧国幣大社で
美濃国一の宮として
また全国の鉱山
金属業の総本宮として
今もなお
深い崇敬を集めています

Introduction

南宮大社を知る

歴史

2000年の歴史が織りなす、
神聖な美濃国一の宮

遙か神武天皇の御代より続く南宮大社。鉱山を司どる神・金山彦大神を祭神とし、全国の鉱山・金属業の総本宮として古くから信仰を集めています。

刀剣

平安時代の名刀「三条」

南宮大社の宝物の代表として多いのは貴重な刀剣類。その数は数十振と多く、文化財として価値の高い逸品が奉納されています。

金物
絵馬

鍬、鎌などの金属製の現物を
取り付けた「金物絵馬」

金物の神様である南宮大社には、他では出会わない金属を取り付けた珍しい金物絵馬が奉納されています。

祭事

例大祭、金山大祭をはじめとする
伝統的な神事

勇壮な神輿が繰り出す例大祭、製鉄に重要な鞴を用いた金山大祭(ふいご祭)を始め、一年を通して様々な祭礼が斎行されます。

Photo Gallery

南宮大社を体感する

四季折々の南宮大社を、ご体験ください

Prayer

総本宮に祈る

静かに目を閉じ、一心に想う、人々の美しい祈り。
南宮大社はいつでも伊吹山の麓で、みなさまのお越しをお待ちしております。

  • ・ご祈祷

    安産祈願・初宮詣・初誕生祝い・七五三詣

  • ・車祓い・出張祭・結婚式

  • ・厄除・災難除・心願成就

  • 祭典、神事等受付できない時間帯がありますので、事前にお問い合せください。

金物の神様・南宮大社

金物の神様として知られる南宮大社には、毎年全国から鉱山・金属業者の方々が参拝に訪れます。皆様の安全と繁栄を祈り、ご祈祷いたします。

Blog / Column

南宮の杜から

季節にあわせ様々な表情を見せる南宮大社より、日々の一枚をお届けしています。